前橋の歯医者 野中歯科・矯正歯科 ~上質で安心の歯科治療を~

  • 【受付時間】平日 9:00-12:00/14:30-18:00
          土曜 9:00-12:00/14:30-17:00
  • 【休 診 日】木曜日・日曜日・祝日

インビザライン

LINEで無料相談

インプラント・矯正治療・審美歯科のご相談にLINEでお答えします。
下記のボタンを押していただくか、QRコードを読み取り、
当院のLINE公式アカウントを友だち登録して、
相談内容をトークでお送りください(翌診療日以降のお返事となります)。

無料相談

矯正歯科治療の新常識

このページをご覧になっている方は次のような思いを抱えていらっしゃるでしょうか?

・ガタガタの自分の歯並びがずっと気になっていた
・きれいな歯並びに憧れる
・人から指摘されてやっぱり矯正治療をしようかなと思い始めた
・結婚するので、これを機にきれいな歯で写真に写りたい
・どうせ治すなら目立たなく治療したい

今、マウスピース矯正の人気が増しています。その中でも「インビザライン」は世界的に名前が知られており、当院でも行っています

マスクをつけることが一般的になり、矯正装置が目立つのを気にしなくなっても、インビザラインをやりたいという方が増えています。取り外しができたり、ゆっくり歯を動かしていくので刺激が少ない、シミュレーションで治療後のイメージがしやすかったりするのが人気の理由です。一般的な矯正治療に比べて治療期間はかかりますが、不安なことがある場合は当院スタッフがしっかりフォローします。詳しくは「インビザラインのメリット」をお読みください。

当院は従来のワイヤー矯正(ブラケット矯正)も行っていますので、インビザラインでは治りづらい症例にも対応できます

まずは検査・診断で、いっしょにきれいな歯並びを目指してみませんか? 野中歯科医院ではどんな思いもしっかり受け止めて矯正治療を行います。

インビザラインのメリット

● 目立ちにくい

薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置なので着けていることがほとんど分かりません。見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。

● 取り外しが出来て衛生的

食事のときや歯磨きのときなど場合に応じて自分で着脱をできるので、装置に食べ物が詰まる心配やストレスが少ないです。歯磨きもしやすいでの口腔内を健康に保つことができます。

● 矯正治療中の口腔内トラブルが少ない

金属を使用しないマウスピース矯正は、唇や口の中の粘膜などを傷つけるリスクが低くなります。 従来の装置のように治療期間中に金属等の装置が歯から外れてしまい緊急に来院する必要が少ないことも特徴のひとつです。

● 完了イメージがわかる

3次元治療計画ソフトウェアを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、コンピューター画面上で画像および動画として確認することができます。治療終了後のイメージがつきやすく、モチベーションもアップします。

インビザラインのデメリット

● マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。 矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です。

●症状によりアライナー単独では治療できない場合があります。その場合はインビザライン治療の前後にブラケット矯正(従来の歯並び矯正の装置)が必要になります。

●装着時間を守らなければ治療期間がより長くなります。

インビザライン治療の流れ

1.無料矯正相談(予約制)

ご不安やお悩みをお伺いし、矯正治療について簡単にご説明を行います。お気軽に無料相談へお越し下さい。

2.精密検査

写真・レントゲンおよびデジタルスキャンまたは歯牙の印象をとります。

3.3D治療計画の作成

治療計画を作成します。この3Dの治療計画では、予測される歯牙の最終位置が示されるほか、おおよその治療期間が確認できます。

4.アライナー(マウスピース)の装着

アライナーを患者様にお渡しします。患者様は、毎日アライナーを装着していただき、1~2週間ごとに新しいアライナーに交換します。

5.治療経過の確認

約4-6週間ごとに通院し、診察をうけていただき、治療経過を確認していきます。

6.治療終了メンテナンスへ

治療終了後、歯牙の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となることがあります 。定期検診で歯の状態のチェックとメンテナンスを行ってまいります。

インビザライン治療Q&A

Q.歯並びは気になるけど、矯正装置が見えるのが気になる。

A.最近ではワイヤーなしで歯を動かすこの治療方法も増えています。インビザライン治療は透明の薄いマウスピースを使うので他人からもほぼ気付かれることなく治療できます。

Q.いつ装置をつけていればいいの?

A.基本的に食事やブラッシングの時以外はつけている必要があります。

Q.費用はどれくらいかかるの?

A.2020年12月現在、治療費は次のとおりとなっております。
マウスピース矯正(インビザライン)
ライトパッケージ(部分矯正) 600,000円(保定料含む)
レギュラーパッケージ 800,000円(保定料含む)
調整料 3,000円~5,000円/月
ワイヤー矯正(従来の治療法)
小児矯正 350,000円
成人矯正 800,000円

Q.支払い方法は?

A.現金払い、カード払いの他にデンタルクレジット(歯科治療費専用ローン)でのお支払いが可能です。デンタルクレジットは36回払いまで分割手数料がかかりません。『均等分割返済』と『ボーナス併用返済』があり、支払い回数も6~60回払いまでお選びいただけますので、高額だと思われていた治療費も月々わずかな負担で受けることが可能になります。

Q.医療控除の対象になるの?

A.歯科矯正も医療控除の対象となります。クレジットカードやローンを使用して支払う場合も適用されます。

※医療控除とは、自分や家族のために1年間に支払った医療費の合計が10万円以上の場合、確定申告で医療費控除の申告を行うことで、一定の金額の所得控除を受けることが出来る制度です。

マウスピース矯正は全ての治療に適応できるとはいえません。ワイヤー矯正の方がおすすめの場合もございます。まずはお気軽にご相談ください。予約制となっておりますのでお電話にてご予約ください。